筋トレグッズ買っちゃった!急性アルコール筋症対策筋トレ日記!

   

腹筋ローラーとプッシュアップバー買っちゃいました!!

どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員サイトウです。

急性アルコール筋症というのは、アルコールミオパチーとか、アルコール筋炎とも呼ばれている、アルコールによって起きる筋肉の異常のことで、私はこの症状のせいなのか筋肉・筋力も人に比べてかなり低い方です。あまりに筋肉がなさすぎるので、最近は急性アルコール筋症対策もかねて筋トレを始めました。

私と同じく急性アルコール筋症に悩んでいる方の参考になるかもしれないので、今回は最近購入した腹筋ローラーとプッシュアップバーについて話したいと思います。

筋トレにはまりだすと筋トレグッズが欲しくなる

筋トレを始めてそろそろ2ヶ月の私ですが、1ヶ月半ぐらいから筋トレグッズが欲しくてたまらなくなりました。
壁立て伏せから膝つき腕立て伏せにシフトできたことで自信がついたことと、何か道具を使えばもっと楽しく効果的に筋肉をつけられるのではないかと考えたためです。

私が欲しいと思ったのは、腹筋ローラー、プッシュアップバー、バーベル、マルチシットアップベンチ、ウエイトベスト、筋力測定器など。ダンベルを持っていなかったらダンベルも候補に入っていたでしょう。
全部一気に買いたかったのですが、大きさや今の自分の力量から考えて、今回は腹筋ローラーとプッシュアップバーだけ買うことにしました。どちらも1000円くらいで買えて、さほどかさばらないですし、色々な筋トレサイトでおすすめされているのも納得でしたね。

ちなみに腹筋ローラーは、車輪がついた棒をゴロゴロして、腹直筋、体幹、肩、腕などを鍛えるアイテムで、プッシュアップバーは、腕立て伏せの時に、手首への負荷を軽減し、二頭筋三頭筋大胸筋への負荷をアップするアイテムです。

腹筋ローラーとプッシュアップバーを使ってみた感想

私は初めての筋トレグッズにワクワクしていたので、通販サイトでポチッとしてから届くまで首をなが〜くして待ち、受け取った瞬間に開けてろくに説明書も読まずに使いました。

しかし私はまだろくに腕立て伏せもできないレベルの筋力しかありません。プッシュアップバーは膝付きでも1回しか上がらず、そもそもろくに体を下ろすこともできずの状態で、腹筋ローラーはフォームが間違っているのか、腹直筋に全く効きませんでした…。

プッシュアップバーは、腕立て伏せができるようになれば普通に使えると思うので気にならなかったのですが、腹筋ローラーの方は思っていたのと全く違ったのでどうしたものかと悩みました。
ここで初めて説明書を見た私は、フォームが間違っていたことを知ります。

私は自分の筋力のなさをよく自覚しているので、腹筋ローラーを使って体を伸ばした際に転んでしまわないかが心配で、お尻を引いたまま腕だけを伸ばしていたのでした。ですが腹筋ローラーで腹直筋を鍛えるには、お尻を前に突き出し戻ってくるという動作をしなければなりません。

ということが説明書を読んでわかったので早速やってみると今度は見事に腹直筋に効いてきました。フォームって大事なんだなとしみじみ思いましたね。
次に何かこの筋トレグッツを買った時はきちんと説明書を読んでから使おうと思います。

結局その日はプッシュアップバーを使うのは断念し、腹筋ローラーだけで遊んでいたのですが、腹直筋に効くのが面白くてやりすぎたらしく、翌日からはまたくしゃみをするのもキツイ筋肉痛が発生しました。しかも最初に間違ったフォームでやってたせいで、腕の裏側も痛くなりました。
でもまあこれも筋トレの楽しさの一つですよね。ということで腹筋ローラーとプッシュアップバーは、筋力がない人にはかなりきついものがありますが、おすすめですきる筋トレグッズでした。

ぜひ使ってみてくださいね。

 

アルコール筋症を気にせずお酒を楽しく飲みたい方はこちらへ!

アルコール筋症におすすめのサプリ            

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

お酒の後の筋肉痛「急性アルコール筋症」の症状・原因総まとめ!

ここだけ読めば大丈夫!「急性アルコール筋症」ってどんなもの? どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員…

ページ上部へ戻る