筋トレで背中を痛めたかも。デッドリフトのあとから痛みが引きません!

   

ついに筋トレで背中を痛めてしまったかも!

どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員サイトウです。

急性アルコール筋症というのは、アルコールによって起きる筋肉の異常のことで、私はこの症状のせいなのか筋肉・筋力も人に比べてかなり低い方です。あまりに筋肉がなさすぎるので、最近は急性アルコール筋症対策もかねて筋トレを始めました。

私と同じく急性アルコール筋症に悩んでいる方の参考になるかもしれないので、筋トレに関する日記を書いておこうと思います。

今回はデッドリフトのあとに背中に痛みが残ってなかなか治らないというお話です。

筋トレで背中を痛めた?筋肉痛のような、そうでないような痛み

最近パワーグリップという筋トレグッズを購入したこともあり、ダンベルのトレーニングに気合が入っていた私。パワーグリップを使うと手の平や指先が痛くならないので、調子に乗って重量を増やした状態でデッドリフトを行ったのですが、これがよくなかった!
デッドリフトのあとしばらくしてから、背中の下の方、左側のあたりにずっと痛みを感じるようになってしまいました(涙)

初めは筋肉痛か、アルコール筋症だと思ったのですが、もう3日以上も痛いままで、一向に改善する兆しが見えません。むしろ痛みが増してるような気さえします。ひょっとするとこれは「痛めてしまった」ってヤツのかもしれません。

そんなに強い痛みではないので、軽く腹筋ローラーをしたり、腕立て伏せをしたりしているのですが、しばらく筋トレは控えた方がいいかもしれないですね。

一応、背中を痛めたときの対処法も調べてみたのですが、冷やすとか、湿布をするとか、そういう方法しか出てこないので、もう諦めて痛みがなくなるまでは筋トレをお休みしようと思います。

ようやく筋力がついてきたところだったのでとても残念。お休みしている間は背中を痛めない筋トレの方法でも調べておこうと思います。

みなさんも怪我には気をつけてくださいね。

 

アルコール筋症を気にせずお酒を楽しく飲みたい方はこちらへ!

アルコール筋症におすすめのサプリ            

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

お酒の後の筋肉痛「急性アルコール筋症」の症状・原因総まとめ!

ここだけ読めば大丈夫!「急性アルコール筋症」ってどんなもの? どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員…

ページ上部へ戻る