急性アルコール筋症対策筋トレ日記!始めは地獄の筋肉痛でした!

   

どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員サイトウです。

 

急性アルコール筋症というのは、アルコールミオパチーとか、アルコール筋炎とも呼ばれている、アルコールによって起きる筋肉の異常のことなんですが、私サイトウはこの症状が出やすい体質なのか、お酒を飲むと筋肉痛のような痛みが起きることがしばしばあります。そしてそのせいなのかわかりませんが、筋肉・筋力も人に比べてかなり低い方…。最近、腕相撲に両手で挑んで負けてしまった事件が起きたほどです…。

その事件で筋肉のなさが身に染みたので、最近少しずつ筋トレをするようにしました。急性アルコール筋症対策にもなるかもしれませんしね。

 

ここでは私がやってる筋トレのことや、その成果・効果についてを書いていきたいと思います!

 

急性アルコール筋症対策もかねて筋トレを開始!始めは筋肉痛がヤバかった!

私が筋トレを開始したのは2018年の1月30日。

腕相撲に負けたショックで始めたので、腕立て伏せをやろうと思ったのですが、膝をついても全く上がらなかったので、仕方なく壁立て伏せをやることにしました。ついでに1年くらい前にやっていたスクワットも。数回しかやっていないはずなんですが、もう腕も腿もブルブルして生まれたての小鹿のようになってしまい、翌日も強烈な筋肉痛に襲われました。

筋トレは続けてやらずに、きちんと筋肉を回復させてからやった方が効果があるとネットで読んでましたし、筋肉痛が酷かったのでとりあえず丸2日はお休み。3日目は筋トレしましたが、そのときもまだ筋肉痛が残ってて、壁立てとスクワットをしたら、速攻で生まれたての小鹿アゲイン!翌日はさらに酷い筋肉痛になりました。いくらデスクワークの仕事をしてるとはいえ、ここまで筋肉がないのかとかなりヘコみましたね。でもなんとか今も継続しています。

 

今やっている筋トレのメニュー

始めのうちは壁立てとスクワットだけだったのですが、どうせなら全身の筋肉をバランスよく鍛えようと思い、今は以下のようなローテーションで筋トレしています。

1日目:スクワット・壁立て伏せ

2日目:プランク・バックエクステンション・ヒップリフト

3日目:ダンベルサイドベント・デッドリフト・ダンベルカール

 

適当にやりやすそうな種目を選んだだけのメニューなので、良い組み合わせなのかはわかりませんが、一応続いています。このメニューを始めたときは全身が筋肉痛でしたが、今は痛みが来なくなりましたしね。

そのうち代謝が上がってダイエット効果も出てくれることを期待しています!

 

ちなみにサイトウが腕相撲で負けた事件についてはこちらに詳しく書いているので、よければ合わせて御覧ください。

筋肉なさ過ぎて泣いた体験談

     
     
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

お酒の後の筋肉痛「急性アルコール筋症」の症状・原因総まとめ!

ここだけ読めば大丈夫!「急性アルコール筋症」ってどんなもの? どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員…

ページ上部へ戻る