ショルダーサークルの効果とやり方、急性アルコール筋症には筋トレ!

   

ショルダーサークルの効果とやり方の種類

どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員サイトウです。
急性アルコール筋症というのは、アルコールによって起きる筋肉の異常のことなんですが、私サイトウはこの症状が出やすい体質。お酒を飲むたびに筋肉痛に悩まされていたのですが、筋トレを始めてから飲酒後の筋肉痛が発生しなくなったという経験から、急性アルコール筋症対策に筋トレは有効であると考えるにいたりました。
そこでここでは急性アルコール筋症対策として効果があると思われる筋トレ方法について書いていきたいと思います。

今回は肩周りに出るアルコール筋症に効果があると思われる種目、ショルダーサークルについてです。

ショルダーサークルで鍛えられる部位とその効果

ショルダーサークルは主に肩周辺に効く筋トレ種目です。肩甲下筋、大胸筋、広背筋、大円筋、棘下筋、小円筋、菱形筋群、僧帽筋、肩甲挙筋、三角筋などの筋肉を同時に鍛えることができます。

肩に現れる急性アルコール筋症への対策だけでなく、肩こりの解消などにも効果がある筋トレ種目です。運動不足で肩がゴリゴリなる人にも有効ですよ。

ショルダーサークルのやり方

ショルダーサークルは、ダンベルなどのウエイトを用いて行う種目になっています。重さは軽めの物を選び、負荷がかかりすぎないようにしましょう。

手に軽めのダンベルを持ち、足を肩幅くらいに開いて背筋を伸ばしてまっすぐ立ちます。そこから手の平を前方に向くように構えて、大きく円を描くようにして、両手を頭の上まで持ち上げ、また元の位置まで戻します。

ダンベルがなくても回数をこなせば効いてきますから、ダンベルがない人はダンベルを持たずに同じ動きをしてみてくださいね。

     
     
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

お酒の後の筋肉痛「急性アルコール筋症」の症状・原因総まとめ!

ここだけ読めば大丈夫!「急性アルコール筋症」ってどんなもの? どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員…

ページ上部へ戻る