急性アルコール筋症の筋トレへの影響、お酒は筋肉成長に悪影響か?

   

急性アルコール筋症がが筋トレに与える影響は?

どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員サイトウです。みなさんは急性アルコール筋症をご存知でしょうか?
お酒を飲んだときに起きる筋肉の異常症状のことなんですが、私はその症状が出やすい体質をしているのか、飲む度に症状に悩まされています。そのためこの症状に興味が出て、原因や対策など色々調べることになりました。

今日は急性アルコール筋症の症状が、筋トレの成果に影響を与えるかについて、私サイトウが調査したことをお知らせしたいと思います。

急性アルコール筋症の筋トレの影響

急性アルコール筋症は、お酒によって筋肉を維持するために必要な栄養素が喪失したり、筋肉を発達させるためのホルモンが減少するため、筋肉が回復しなくなり、痛みが発生するというメカニズムで起こるといわれています。一方筋トレは、負荷がかかって傷ついた筋繊維を修復する際に、筋繊維がそれまでよりも太くなる超回復という現象を利用して筋肉を発達させます。

とすればこの時、回復に必要な栄養素やホルモンをアルコールが消費・排出してしまうと、超回復が妨害されてしまったとしても不思議ではありません。

急性アルコール筋症の筋トレの影響説はどの程度信憑性があるのか

私は実際、筋トレの後にお酒を飲んでみて、翌日筋肉痛を起こしたという体験があるので、お酒のせいで筋肉が回復されないという説は、そんなに間違っていないのではないかと思います。肝心の超回復への影響があるかという点については、体感的な感覚では測ることができなかったのでなんとも言えないところです。ただ回復が遅れることは確かでしょうから、同じ部位を連続で鍛え続けていたりすると、オーバーワークを起こすリスクが上がることはあるかもしれませんね。

また、独自で行ったアンケート調査の結果では、筋トレ後の飲酒で筋肉痛を起こした経験があると答えた方は結構いらっしゃったのですが、筋トレの成果に影響する感覚があると答えた方はほとんどいませんでした。影響があるらしいから飲まないようにしていると答えた方もいらっしゃいましたが、体感できるレベルの影響はなさそうな印象でした。

体質もあると思うので一概には言えませんが、アルコールの筋トレへの影響は「体感するほどの影響はないけど、厳密には影響あるかもしれない」といった感じなんでしょうね。
筋トレの成果は100%得たいという人は、筋トレ後の飲酒は控えた方がいいかもしれません。

     
     
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

お酒の後の筋肉痛「急性アルコール筋症」の症状・原因総まとめ!

ここだけ読めば大丈夫!「急性アルコール筋症」ってどんなもの? どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員…

ページ上部へ戻る