筋トレで急性アルコール筋症がなくなり酔い方が気持ちよくなった!

   

筋トレ開始から3ヶ月!気持ちの良い酔い方ができるように!

どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員サイトウです。

急性アルコール筋症というのは、アルコールによって起きる筋肉の異常のことで、私はこの症状のせいなのか筋肉・筋力も人に比べてかなり低い方です。あまりに筋肉がなさすぎるので、最近は急性アルコール筋症対策もかねて筋トレを始めました。

私と同じく急性アルコール筋症に悩んでいる方の参考になるかもしれないので、筋トレに関する日記を書いておこうと思います。

今回は筋トレ開始から3ヶ月で感じた筋トレ効果についてです。

筋トレ開始3ヶ月後の体の状態。急性アルコール筋症は?

私が筋トレを始めてからもうそろそろ丸3ヶ月になります。
この3ヶ月、私がやっていたのは以下の種目。3日サイクルで、適度にサボりながらやっていました。

1日目:スクワット・ワイドスクワット・膝つき腕立て伏せ
2日目:プランク・バックエクステンション・ヒップリフト・レイズドレッグクランチ
3日目:ダンベルサイドベント・デッドリフト・ダンベルカール・ショルダーサークル

根性なしなこともあって「10回こなせばいいや~」くらいの感じで、帰宅後に2~30分だけやっていたので、ガッツリ追い込んで鍛えた感じではないのですが、全体的に筋肉が増えている実感があります。

残念ながら見た目の変化は感じられないですが、疲れにくくなりましたし、良い姿勢を維持できる時間も伸びました。初めは腕立て伏せもできず、壁立て伏せをしていましたが、今では腕立て伏せもだいぶできるようになりました。持ち上げられるダンベルの重量から考えると、筋力が倍くらいになっているようです。

そもそも筋トレを始めた理由の急性アルコール筋症については、1ヶ月でほとんど出なくなり、その後どんどんだるさが無くなってきているので、飲むたびに気持ちの良い酔い方ができるようになってきているのを感じます。筋トレを始める前はお酒を飲んで10分くらいで「う!来た!!」って感じで痛みやだるさが出て、体がズーンと重たくなる感じだったのですが、最近はなんというか上手く言えないんですが、どんどん酔い方が気持ちよくなっていってるんですよね。これがすごく嬉しくて、ガンガン飲むようになってきました(笑)
急性アルコール筋症の特効薬は筋トレだったんだなとしみじみ感じてます。

3ヶ月続くと習慣として定着するというので、筋トレは今後も続けていくつもりです。続けて酔い方がどうなるのかも調べたいですし、そのうちぷよぷよの腹をバキバキにしてみたいなと思っています。

また何か発見があったら書いていきたいと思うのでお付き合いいただければ嬉しいです!

     
     
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

お酒の後の筋肉痛「急性アルコール筋症」の症状・原因総まとめ!

ここだけ読めば大丈夫!「急性アルコール筋症」ってどんなもの? どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員…

ページ上部へ戻る