ビタミン剤は予防になるのか大実験!急性アルコール筋症の体験談!

   

どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員サイトウです。

 

急性アルコール筋症というのは、アルコールミオパチーとか、アルコール筋炎とも呼ばれている、アルコールによって起きる筋肉の異常のこと。私サイトウはこの症状が出やすい体質なのか、お酒を飲むと筋肉痛のような痛みが起きることがしばしばあります。

 

今日は私が急性アルコール筋症対策のためにビタミン剤を飲んでみたときの体験を書いていきたいと思います。

 

急性アルコール筋症はビタミン剤で防げる!予防にビタミン剤を飲んでみた体験談!

急性アルコール筋症についてネットで検索すると、ビタミンが不足することが原因で発生するという情報がいくつか発見できます。

昔はお酒を飲んで体が痛くなるのは普通のことだと思っていたのですが、どうも違うらしいことがわかって、症状について調べていたらそういう話を見つけたんですね。それで「じゃあ酒飲む前にビタミン剤でも飲んどけば症状でないんじゃね?」と思った私は早速試してみたわけです。

 

そんなに期待はしてなかったんですが、ビタミン剤を飲んでからお酒を飲むと、いつもは一口飲んで数分でやってくる筋肉痛や倦怠感がまったく現れなかったので驚きました。その時飲んだ錠剤はアリナミンEXだったと思うんですが、こんなに効くものかと思いましたね。

ただ普段は酔と痛みが同時にあってこそ酔っ払ってきたなと感じるので、痛みがないとなんとなく物足りない感じがしました。そしていつもより多く飲んでしまって、翌日に二日酔いと筋肉痛に同時に襲われ、一日中寝てるはめに…。

結局、体感的には効果はあったんですが、結果的には飲んで良かったとは言い難い状態になってしまいましたね。

酔った気にならないのではお酒を飲む意味があまりありませんし、この対策がベストなのかはちょっと疑問でした。

 

サイトウに起きる急性アルコール筋症の症状についてはこちらに詳しく書いているので、よければ合わせて御覧ください。

一口でも発生するサイトウの急性アルコール筋症

     
     
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ

お酒の後の筋肉痛「急性アルコール筋症」の症状・原因総まとめ!

ここだけ読めば大丈夫!「急性アルコール筋症」ってどんなもの? どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員…

ページ上部へ戻る