筋肉は脂肪より重いから?急性アルコール筋症対策筋トレ日記!

   

筋肉は脂肪より重いって言いますよね!

どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員サイトウです。

急性アルコール筋症というのは、アルコールミオパチーとか、アルコール筋炎とも呼ばれている、アルコールによって起きる筋肉の異常のことで、私はこの症状のせいなのか筋肉・筋力も人に比べてかなり低い方です。あまりに筋肉がなさすぎるので、最近は急性アルコール筋症対策もかねて筋トレを始めました。

私と同じく急性アルコール筋症に悩んでいる方の参考になるかもしれないので、筋トレに関する日記を書いておこうと思います。
今回は筋トレを始めてから順調に減ってた体重が2kgほど増えた話です。

筋肉は脂肪より重いからしょうがない!

筋トレを始めてちょうど2ヶ月のある日。
筋トレ効果のおかげでアルコール筋症が出なくなった私は、会社の飲み会で調子に乗って日本酒をしこたま飲んで帰宅。翌日も友達付き合いで飲みに出かけて暴飲暴食して夜中に帰って満腹のまま寝るということをした結果…。

体重が2キロも増加。

ここ数年の最大値を出してしまいました…。
その近辺の数日筋トレをサボっていたのがいけなかったのか、お酒のせいなのか、それとも食べ過ぎだったのか…。まぁ、全部NGなんでしょうけど…。
でもきっと原因はそれだけじゃなくて、筋トレの効果という面もあると思うんですよ。何故なら筋肉は、同じ大きさの脂肪よりも重いからです。
どのくらい重いかというと2リットルペットボトルの大きさの場合、筋肉の方が400g重いんです。人間の大きさだと2kgくらい違って当たり前って思いませんか?

ちょっと無理がある説かもしれませんが、こうでも考えないとモチベーションが下がってしまうので、私の中ではこの説を採用したいと思います。ダイエット目的の筋トレで体重が増えてしまった方もこんな風に考えてみてはどうでしょうか?

増えてもまた減らせば良いですしね。

     
     
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

お酒の後の筋肉痛「急性アルコール筋症」の症状・原因総まとめ!

ここだけ読めば大丈夫!「急性アルコール筋症」ってどんなもの? どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員…

ページ上部へ戻る