スクワットで速筋を鍛えるときはバーベルがあった方が良いと思った

   

速筋を鍛えたいときはバーベルがあった方がいいかも。

どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員サイトウです。

急性アルコール筋症というのは、アルコールによって起きる筋肉の異常のことで、私はこの症状のせいなのか筋肉・筋力も人に比べてかなり低い方です。あまりに筋肉がなさすぎるので、最近は急性アルコール筋症対策もかねて筋トレを始めました。

私と同じく急性アルコール筋症に悩んでいる方の参考になるかもしれないので、筋トレに関する日記を書いておこうと思います。

今回はスクワットで太ももの速筋を鍛えたいときはバーベルがあった方がいいかもと思った話です。

速筋を鍛えたいときはバーベルがあった方がいい?

最近は、速筋、遅筋という筋肉の性質の違いについて学んだので、まず高い負荷の筋トレで速筋を鍛えて、それから遅筋の筋トレをするというやり方に変えてみているんですが、スクワットやレッグランジなど、下半身の種目をするときのためにバーベルが欲しいなと思うようになりました。

というのも、下半身は上半身よりも筋力が高いので、速筋が鍛えられる、ギリギリ6~12回できる程度のトレーニングをしようとしたときに、ダンベルだと重量を上手く支えられないと気付いたからなんです。肝心の下半身より先に握力がバテてしまいますし、両手に持って行うので、レッグランジのときなんかはバランスを取るのが大変で、フラフラしてしまいます。

これがバーベルだったら肩でも支えられるから安定感が増してもっと高い負荷でできるのに…。

なんて思ってしまっても無理はないですよね。
ちなみに調べてみたら、筋トレ初心者にはダンベルよりもバーベルの方がおすすめという情報も見つけてしまいました。考えなしにダンベルを買った過去の自分を恨みます。しかも連結してバーベルにできないタイプのダンベルだし。

そういうわけで今真剣にバーベルにできるダンベルの購入を検討しています。今のダンベルのプレートが使えると良いのですが…。

こういう感じのダンベルですね。

     
     
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

お酒の後の筋肉痛「急性アルコール筋症」の症状・原因総まとめ!

ここだけ読めば大丈夫!「急性アルコール筋症」ってどんなもの? どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員…

ページ上部へ戻る