一ヵ月でお酒の筋肉痛が完治?急性アルコール筋症対策筋トレ日記!

   

まさかの完治?1ヶ月後には日本酒を飲んでも体が痛くなくなった!!

どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員サイトウです。

急性アルコール筋症というのは、アルコールミオパチーとか、アルコール筋炎とも呼ばれている、アルコールによって起きる筋肉の異常のことなんですが、私サイトウはこの症状が出やすい体質で、そのせいなのか、筋肉・筋力も人に比べてかなり低い方です。あまりに筋肉がなさすぎるので、最近は急性アルコール筋症対策もかねて筋トレを開始したんですが、なんと開始1ヶ月でお酒を飲んでも筋肉痛が起こらなくなったんです!超ビックリ!

私と同じく急性アルコール筋症に悩んでいる方の参考になるかもしれないので、今回はここ1ヵ月でやっていた筋トレや、生活習慣について書いてみたいと思います!

ここ1ヵ月の筋トレメニューと生活習慣

最初の日記にも書きましたけど、この1ヵ月、私がやっていた筋トレは以下のようなローテーションになっていました。

1日目:スクワット・壁立て伏せ
2日目:プランク・バックエクステンション・ヒップリフト
3日目:ダンベルサイドベント・デッドリフト・ダンベルカール

毎日やるのではなくローテーションさせることで、トレーニングのダメージから十分に筋肉を回復させて、筋力アップを図るのが狙いです。まあ最初は筋肉痛が酷過ぎて、同じ種目を続けてできなかったという理由もありますが…。

生活習慣面では、間食をやめて1日の摂取カロリーを200kcalほど減らし、週末の飲酒を控えました。金土日と美味しい日本酒で一杯やるのが楽しみの一つだったので結構辛かったですが、おかげで週末を元気に過ごせるというメリットがあったので何とか続けられましたね。飲まないと起きたときのダルさがないので、朝から活動できて時間を有効に使えるなって感じがしました。

1ヶ月後の飲み会で結構たくさん飲んだのに筋肉痛が起きなかった!

そんなような生活を続けて1ヵ月。会社の飲み会があったので久しぶりにお酒を飲んだんですが、度数高めの日本酒をかっぱかっぱ飲んだのに、ちっとも筋肉痛が起こらなかったんです。

以前は日本酒なんか一口飲んだらもう膝やふくらはぎの辺りが痛み出して、登山の後のような感覚に襲われてたんですが、そのときはまったくそういう感じがなかったんですよね。あまりの違いにビックリして、いつもより多目に飲んでしまいました(笑)
でも翌日もそんなにダルくならなかったので、筋トレ効果すごいなーと思いましたよ!

ひょっとしたら急性アルコール筋症って筋肉が少ない人に出やすい症状なのかな?と思った出来事でした。そうだとすれば、このまま筋トレを続けていけば完治するのかもしれないですよね。

今後も少しずつですが筋トレ頑張っていきたいと思います!

     
     
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

お酒の後の筋肉痛「急性アルコール筋症」の症状・原因総まとめ!

ここだけ読めば大丈夫!「急性アルコール筋症」ってどんなもの? どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員…

ページ上部へ戻る