肩に出る急性アルコール筋症の症状と対策になる筋トレ種目

   

急性アルコール筋症が肩に出る人向けの筋トレ種目とは!?

どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員サイトウです。
急性アルコール筋症というのは、アルコールによって起きる筋肉の異常のことなんですが、私サイトウはこの症状が出やすい体質。お酒を飲むたびに筋肉痛に悩まされていたのですが、筋トレを始めてから飲酒後の筋肉痛が発生しなくなったという経験から、急性アルコール筋症対策に筋トレは有効であると考えるにいたりました。
そこでここでは急性アルコール筋症対策として効果があると思われる筋トレ方法について書いていきたいと思います。

今回は肩周りに症状が出る場合に有効だと思われる筋トレについてです。

肩に現れる急性アルコール筋症の症状

急性アルコール筋症の経験がある人の中には、肩に痛みが出るという方もいらっしゃいます。

私はあまり肩に症状が出ることはないのですが、体験された方によりますと、強烈な肩こりのような痛みが出るそうです。寝違えたような痛みとか、筋肉がつったような感じになると表現する方もいましたね。人によっては肩だけではなく、首や背中のあたりまで痛みが出たり、倦怠感を感じたりします。

こちらも膝や足の痛みと同様に痛みを感じる人が多かった箇所なので、症状が出やすい箇所なのかもしれないですね。

肩に効果のある筋トレ

肩の筋トレには肩をすくめる動作をするシュラッグという種目がおすすめです。

水を入れたペットボトルなどをカバンに入れ、手に持った状態で行うとより効果的です。ダンベルやバーベルがある人はそちらを使うと良いでしょう。
シュラッグは、僧帽筋という肩から背中にかけての大きめの筋肉に効いてくる種目で、肩こり解消のほか、姿勢が良くなるというメリットもあります。動きの少ないトレーニング種目で、電車通勤の方などは移動中にも行うことができますよ!ぜひ試してみてくださいね。

また肩こり解消の筋トレ種目には、リアレイズ、アームリフト、アームバックエクステンションといったものもあります。これらも道具が要らない種目になるので、よかったら挑戦してみてください。

     
     
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 3月 28日

ピックアップ

お酒の後の筋肉痛「急性アルコール筋症」の症状・原因総まとめ!

ここだけ読めば大丈夫!「急性アルコール筋症」ってどんなもの? どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員…

ページ上部へ戻る