急性アルコール筋症対策筋トレは遅筋と速筋どちらを鍛えたら良い?

   

急性アルコール筋症対策には遅筋と速筋どちらを鍛えるのが良いのか?

どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員サイトウです。
急性アルコール筋症というのは、アルコールによって起きる筋肉の異常のことなんですが、私サイトウはこの症状が出やすい体質。お酒を飲むたびに筋肉痛に悩まされていたのですが、筋トレを始めてから飲酒後の筋肉痛が発生しなくなったという経験から、急性アルコール筋症対策に筋トレは有効であると考えるにいたりました。
そこでここでは急性アルコール筋症対策として効果があると思われる筋トレ方法について書いていきたいと思います。

今回は急性アルコール筋症対策に行う筋トレは、遅筋と速筋どちらを鍛えるものが良いのかについて考えたいと思います。

急性アルコール筋症対策の筋トレは遅筋・速筋どちらが良い?

人の筋肉は、遅筋(赤筋)というパワーは小さいけど持久力のある筋肉と、速筋(白筋)という持久力はないけど大きなパワーを出せる筋肉の2種類がブレンドされてできています。
遅筋は1セット2~30回程度できる負荷の低いトレーニング、速筋は1セット10回できるかできないかの負荷の高いトレーニングで鍛えることができるんですが、急性アルコール筋症対策を目的に筋トレする場合、一体どちらのトレーニングを行うのが良いのでしょうか。

私の場合、あまり深いことは考えず、というか筋トレで劇的にアルコール筋症が改善できるとは思わずに、適当に家にあったダンベルを使って筋トレをしていたので、きちんとした検証はできていないのですが、早く症状を改善したい場合は、やっぱり速筋を鍛えるのが良いと思います。

というのは、速筋の方がより短時間のトレーニングで効果が出ますし、筋力が増えるので成果が実感しやすく、ダンベルを使うなどするので、地味な自重トレーニングに比べてやっていて楽しいので、続けやすいんですよね。遅筋を鍛える筋トレも最近取り入れているのですが、やっぱり回数が増えるとそれだけ時間もかかるので、だんだん面倒くさくなってしまうんですよね。種目もプランクとか地味でキツイものが多いので、やっていてテンションが上がりません。

また、遅筋は鍛えても大きくなりませんが、速筋は大きくなるので、男性の場合、速筋を鍛えた方が見た目に変化が出るメリットもあります。逆に女性の場合は、脂肪を燃焼させて筋繊維が大きくならない遅筋を鍛えた方が、ダイエットやシェイプアップのメリットがあって良いかもしれませんね。

ということで、私のおすすめは速筋のトレーニングですが、遅筋のトレーニングでも続けられる人や、遅筋を鍛えたときのメリットを得たい人は遅筋を鍛えるのが良いと思います。たぶんどちらを鍛えてもアルコール筋症の症状の改善には繋がると思うので、頑張ってやってみてくださいね。
ちなみに私の場合は1ヶ月程度の筋トレで、アルコール筋症の症状がかなり出にくくなりましたよ!

     
     
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

お酒の後の筋肉痛「急性アルコール筋症」の症状・原因総まとめ!

ここだけ読めば大丈夫!「急性アルコール筋症」ってどんなもの? どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員…

ページ上部へ戻る