急性アルコール筋症でも筋トレの効果はある?挑戦の結果は?

   

急性アルコール筋症になるけど筋トレしてみた

どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員サイトウです。
急性アルコール筋症というのは、アルコールによって起きる筋肉の異常のことなんですが、私サイトウはこの症状が出やすい体質。お酒を飲むたびに筋肉痛に悩まされていました。
そんな私が筋トレをしたらどうなるのか?それを検証するため実際に4ヶ月ほど筋トレに取り組んでみました。

その結果何が起こったのか、効果はあったのか。
今日はそんなことについて書いていきたいと思います。

急性アルコール筋症になる人でも筋トレの効果を得られる?

結論から言うと、やった分は確実に効果が出ます。

急性アルコール筋症にならない人と比べて効果が高いのか低いのかということはわかりませんが、筋肉をつけたらアルコール筋症の症状が出なくなった経験から推測するに、成長速度には症状の有無は関係ないんじゃないかと思っています。そもそも今日の自分よりも筋力がアップすれば良いわけですから、人と比べるのもあんまり意味ないですしね。

なのでアルコール筋症だからといって筋トレを諦めないで欲しいなと思います。

急性アルコール筋症になる人が筋トレをするとどうなる?

私は急性アルコール筋症が出やすい体質なためか、人より筋肉量が少なくて、文化系の女子に腕相撲で負けるレベルの筋肉の無さでした。最初に筋トレをしたときも、器具なしのスクワットを10回×3セットやっただけで、次の日物凄い筋肉痛になったりしてたんです。腕立て伏せが膝をついてもできなくて、壁立て伏せから始めたりしてました。

それが1ヶ月もすると、アルコール筋症の症状があまりでなくなり、器具なしのスクワットでは筋肉痛が出なくなり、膝つき腕立て伏せもできるようになりました。今はもう4ヶ月目に突入していますが、日常の動作が楽になったり、疲れにくくなったり、姿勢の維持がしやすくなったり、筋力測定で最初計ったときよりも筋力がほぼ2倍に増えたり、どんどん嬉しい効果が出てきています。
色々な驚きや発見が楽しくて、元はひきこもりで運動大嫌いだった私ですが、今では筋トレにどっぷりです。

そういうわけで私の経験からすると、アルコール筋症があっても筋トレの効果は十分感じられますし、楽しめます。「筋トレしたいけどアルコール筋症が…」と思っている人は、そんな考えは捨てて早く筋トレに取り組んでください。
初めはキツイですが慣れると楽しくなりますし、症状が出にくくなるのでお酒も楽しく飲めるようになりますよ!

     
     
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

お酒の後の筋肉痛「急性アルコール筋症」の症状・原因総まとめ!

ここだけ読めば大丈夫!「急性アルコール筋症」ってどんなもの? どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員…

ページ上部へ戻る