ダンベルロウの効果とやり方、急性アルコール筋症には筋トレ!

   

ダンベルロウの効果とやり方の種類

どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員サイトウです。
急性アルコール筋症というのは、アルコールによって起きる筋肉の異常のことなんですが、私サイトウはこの症状が出やすい体質。お酒を飲むたびに筋肉痛に悩まされていたのですが、筋トレを始めてから飲酒後の筋肉痛が発生しなくなったという経験から、急性アルコール筋症対策に筋トレは有効であると考えるにいたりました。
そこでここでは急性アルコール筋症対策として効果があると思われる筋トレ方法について書いていきたいと思います。

今回は肩や背中周りに出るアルコール筋症に効果があると思われる種目、ダンベルロウについてです。

ダンベルロウで鍛えられる部位とその効果

ダンベルロウは主に肩や背中に効く筋トレ種目です。広背筋、僧帽筋、大円筋、前腕筋、上腕三頭筋などの筋肉を同時に鍛えることができます。ダンベルベントオーバーローとも呼ばれます。バーベルを使う場合はベントオーバーローイングといいます。

肩や背中に現れる急性アルコール筋症への対策だけでなく、肩こりや猫背の解消などにも効果がある筋トレ種目です。運動不足で肩がゴリゴリなる人にも有効ですよ。

ダンベルロウのやり方と種類

ダンベルロウにはいくつか種類があり、やり方によって効果が異なります。フォームを間違えるとケガの原因になるので、正しいフォームで取り組みましょう。

ダンベルロウ

まずは基本のダンベルロウ。
ダンベルロウは、名前の通りダンベルを用いて行う種目になっています。腰を痛めることがあるので、初めのうちは軽めの重量で行い、負荷がかかりすぎないようにした方が良いでしょう。

ダンベルを持ち、膝を軽く曲げ、背筋を伸ばしたまま、お尻を突き出すようなイメージで体を前傾させます。そこから肘を持ち上げるようにして、ダンベルを引き上げましょう。このとき肩甲骨を寄せるように意識します。

シーテッドダンベルロウ

シーテッドダンベルロウは、名前の通り、座って行うダンベルロウです。

ダンベルを持って椅子に座り、背筋を伸ばしたまま、体を45度くらいの角度で前に倒します。その状態で、ダンベルを引き上げていきます。

ワンハンドダンベルロウ

ワンハンドダンベルロウは、片手で行うですダンベルロウ。

ベンチに片手、片膝をついた状態で、背筋を伸ばします。その状態で、空いている方の手でダンベルを引き上げていきます。

ダンベルがない場合は、水の入ったペットボトル、またはチューブを使うのがいいでしょう。

 

アルコール筋症を気にせずお酒を楽しく飲みたい方はこちらへ!

アルコール筋症におすすめのサプリ            

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

お酒の後の筋肉痛「急性アルコール筋症」の症状・原因総まとめ!

ここだけ読めば大丈夫!「急性アルコール筋症」ってどんなもの? どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員…

ページ上部へ戻る