疲れない体になる!?急性アルコール筋症対策以外の筋トレ効果

   

あれ?なんだかいつもより疲れてないぞ!

どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員サイトウです。
急性アルコール筋症というのは、アルコールによって起きる筋肉の異常のことなんですが、筋トレを始めてから飲酒後の筋肉痛が発生しなくなったという経験から、急性アルコール筋症対策に筋トレは有効であると考えています。そして筋トレの効果はそこ以外にも確実に発揮されてきているのです。

ここでは急性アルコール筋症対策効果以外の筋トレ効果について書いていきたいと思います。

今回は筋トレを始めてしばらくしたら、あまり疲労を感じなくなったというお話です。

疲れない体になる筋トレ効果!

筋トレをすると疲れない体になるというのもよく聞く話ですが、どうやら本当のようで、私も最近疲れが出なくなってきています。

筋トレをすることで筋肉が成長して、より高い負荷に耐えられる体になっるということなんでしょうね。やっていくと初めは1~3回しかできなかった腕立て伏せやスクワットが、普通に10回とかできるようになって、最初キツかった1~3回はもう余裕しゃくしゃくになりますから。

筋トレを始めてすぐの頃は、毎日どこかしら筋肉痛がありましたし、十分に筋肉が回復しなかったのか、起きているだけでもしんどいくらいの疲労感があって実感できなかったのですが、しばらくするとそれはなくなり、だんだん疲れない体になっていきました。ちなみに階段を上るときにすごくよくわかります。前は職場への階段を登ると太ももが痛くなっていたのが、今はまったく痛まないですからね。息切れはしますけど(笑)

ということで、私の経験からも、筋トレで疲れにくい体になるというのは本当のようです。
最近疲れやすくなったという人は筋トレしてみても良いと思いますよ。

ちなみに私がやっている筋トレメニューはこちらで紹介しています。良ければ読んでみてください。
鍛えたいところが増えていく

     
     
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

お酒の後の筋肉痛「急性アルコール筋症」の症状・原因総まとめ!

ここだけ読めば大丈夫!「急性アルコール筋症」ってどんなもの? どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員…

ページ上部へ戻る