デッドリフトの効果とやり方、急性アルコール筋症には筋トレ!

   

デッドリフトの効果とやり方の種類

どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員サイトウです。
急性アルコール筋症というのは、アルコールによって起きる筋肉の異常のことなんですが、私サイトウはこの症状が出やすい体質。お酒を飲むたびに筋肉痛に悩まされていたのですが、筋トレを始めてから飲酒後の筋肉痛が発生しなくなったという経験から、急性アルコール筋症対策に筋トレは有効であると考えるにいたりました。
そこでここでは急性アルコール筋症対策として効果があると思われる筋トレ方法について書いていきたいと思います。

今回は背中に出るアルコール筋症に効果があると思われる種目、デッドリフトについてです。

デッドリフトで鍛えられる部位とその効果

デッドリフトは背中全体や、太もも、腕など一度に多くの筋肉を鍛えられる種目です。僧帽筋、広背筋、脊柱起立背筋、大腿四頭筋、ハムストリング、大臀筋、前腕筋、上腕二頭筋などに効きます。

背中に現れる急性アルコール筋症への対策だけでなく、ダイエット・美容・アンチエイジング効果や、日常生活で物を持ち上げるのが楽になったり、猫背を治して姿勢を良くするなどの効果があります。

デッドリフトのやり方と種類

デッドリフトは、バーベルを使って行う種目で、やり方にいくつか種類があります。

ノーマルデッドリフト

ノーマルデッドリフトは、名前の通り標準的なデッドリフトです。

足を軽く開き、バーベルを肩幅よりやや広めに握ります。膝を軽く曲げ、背筋を伸ばし、腰を突き出していく感じで上体を起こしましょう。体が真っ直ぐになるまで起こしたら、膝関節と股関節を曲げていき、元の姿勢に戻ります。

ルーマニアンデッドリフト

ルーマニアンデッドリフトは、ノーマルデッドリフトに比べて膝を伸ばし気味にして行うデッドリフトです。

足を軽く開き、バーベルを肩幅よりやや広めに握り、つま先をまっすぐにします。胸を張って背筋を伸ばし、お尻を突き出すようにして膝を曲げすぎないのがポイントです。体が真っ直ぐになるまで起こしたら、元の姿勢に戻ります。

スモウデッドリフト

スモウデッドリフトは、ノーマルデッドリフトよりも足を広く開いて行うデッドリフトです。ワイドスタンスデッドリフトとも呼ばれます。

足を広めに開き、バーベルを肩幅よりやや広めに握り、つま先を外側に向けます。膝を軽く曲げ、背筋を伸ばし、腰を突き出していく感じで上体を起こしましょう。体が真っ直ぐになるまで起こしたら、膝関節と股関節を曲げていき、元の姿勢に戻ります。

デッドリフトは高負荷で行うためか、腰などを痛めやすい種目でもあるので、トレーニングの際は十分注意して望みましょうね。

     
     
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

お酒の後の筋肉痛「急性アルコール筋症」の症状・原因総まとめ!

ここだけ読めば大丈夫!「急性アルコール筋症」ってどんなもの? どうも!急性アルコール筋症に悩まされながらもお酒と筋トレをたしなむ事務員…

ページ上部へ戻る